来週の月曜日は大忙しなのだ

先週は禁を破って芝レース(それも二つ)に手を出して、当然の如く貴重なお金をドブに捨ててしまった。最終のタナボタ的な三連単的中がなければ今週は競馬どころじゃなかったはず。今週は基本に帰ってダートのみで挑みたい。

さて、来週月曜日はダート重賞が2つもあり、僕のような自称砂党にとって堪えられない1日になりそう。

札幌で行われるエルムSは、過去2年連続して三連単を的中している縁起の良いレース。それだけに、このレースだけは何としても当てたいですな。

登録馬をザッと眺めてみて、出走できそうな馬の中で逃げにこだわるタイプがいない。そして、今の高速馬場を考えれば、ここは先行できて時計勝負になっても大崩れしなさそうなヒシアトラスにまず目がいきます。

次に、ユタカに乗り替わるサカラートや、先行タイプではないが北の帝王藤田が乗るトーセンブライト。そして、短期休養明けになるがキレ味抜群のワイルドワンダーまでが軸馬候補かな。

3連覇のかかるパーソナルラッシュは、最近長距離戦が続いていることから、中距離のペースに対応できるかがカギ。現時点では消しの方向で。

いずれにしても、今年のエルムSは馬券的な観点からも注目のレースになりそうですな。


一方の盛岡ダービーGPは、やや小粒なメンバーになっちゃった。

出走するかどうかが注目されるフサイチリシャールは、現段階では神戸新聞杯に行くみたい。また、ヒモ穴として狙ってた園田のジョイーレも地元戦に回るのが濃厚。

となると、ここはやはり先行できて渋太いバンブーエールか、他では結構奥が深そうな地元オウシュウクラウンのどちらかが軸候補になるが、どちらも信用しづらい割りに人気被りそうなムードが濃厚。

他で注目したいのは、補欠2番手だが札幌戦でようやく3勝目を挙げたマンオブパーサー。前走後の鞍上のコメントでは、まだ完成途上とのことだが、それだけに魅力もある。何より今年の3歳ダート路線は有力馬が次々に戦線離脱で、勝ち馬がコロコロ替わっているのも最初に挙げた2頭を強く押せない要因の一つ。

結論は出走馬が確定してからかな。
[PR]

by potepote23 | 2006-09-13 10:14 | 展望  

<< トゥインクルレディー賞 先週の結果 >>