エルムSの予想と晒し馬券

粒揃いのメンバーになりましたね。しかも、ブライアンズタイム祭りになっとる(汗。

 ◎ヒシアトラス ○タガノゲルニカ ▲タイムパラドックス
 △サカラート、ワイルドワンダー、トーセンブライト


◎は中距離重賞でははずせないヒシアトラスを。前走は出遅れ+小牧で度外視。ペースや馬場に左右されない安定感はここではピカイチの存在。しかも、鞍上横典とくれば買わないわけにはいかない。ここでは不動の軸馬。

タガノゲルニカの前走の敗因は太め残りと大外枠。でもまた大外に押し込まれてしまったw。ただ、前回との違いはテンに早い馬が見当たらないことと、鞍上が五位から札幌好調な幸四郎にスイッチしたこと。これで、馬体絞れてさえいればこっちに◎打ちたいくらい。

もう過去の馬かもしれないタイムパラドックス。1700mという微妙な距離に59k、除外明けに低迷続きの近走・・・と、消し材料に事欠かない有様。ところがどっこい、この馬はこういう逆境を幾度も跳ね返してきた馬。確かに、距離と斤量だけを見れば買いづらい。しかし、今回のメンバーを見渡してみると、どの馬が逃げるのか現時点ではハッキリと読みづらい。きっと、奇襲戦法に出る馬がいるはず。そうすると思い出されるのが、伏兵レイナワルツが飛び出してブッ壊れた流れになった昨年のJBCクラシック。そう、そのときの勝ち馬が同馬であり、底力にかけてはここでは文句無しの存在。外が良く伸びている今の札幌の馬場もこの馬向き。と、ここまで長々と書いてきたが、不発リスクも相当多いのでさすがに軸にはしづらいので▲に止めた。

△には、本来は蹴りたいんだけど、やっぱり気になってる馬たちを入れてみた。
その中でトーセンブライトについて一言。
もう気性難は治まったんですかぁ? (;´Д`)

d0088177_959152.jpg

d0088177_9592356.jpg

d0088177_9592989.jpg

寝坊しちゃいそうなんで、買っときますた (´・ω・`)

何で今頃ジンクライシスなのねん・・・。しかもトドメにバイオまで(泣。
タガノは馬体絞れてませんでしたね。でも今日の敗因はそれだけではないような気がする。タイムパラドックスはもうこんなもんかな。この先も交流重賞で入着狙いが精一杯のようですな。

賭銭累計 145000円  払戻累計 107600円  回収率 74%
[PR]

by potepote23 | 2006-09-18 07:58  

<< ダービーGPの予想 日曜の予想と事前晒し馬券 >>