戸塚記念の雑記とシリウスSの展望らしきことなど。

昨日は川崎の戸塚記念に参戦。
向こう正面でグッドストーンにBBトルネードが並びかけたあたりで自分の負けを確信。勝馬はこれで関東ダービーがフロックでは無かったことをを証明したわけだ。それにしても58Kを背負った休み明けで、あんなに離して勝つとは正直予想できなかった。町田も斤量を意識しての早目の競馬だったと思うが、それに応えて、なおも後続を引き離したこの馬の成長に目を見張った。この後は、おそらくJBCクラシックに行くと思うんだけど、カネヒキリもアジュディもいないメンツなら充分チャンスはあると思うんで、アスターバジル共々引き続き注目。

訂正 アジュディは骨りゅうが出たものの、出否については未定とのこと。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今週のスプリンターズSか週明け水曜日の東京盃のどちらかに登録すると思われていたジョイフルハートの名がどちらにも無かったのは残念と云う他無い。
陣営からすれば、賞金不足で除外が確実な状況だけに致し方なかったか。ただ、どちらのレースに出ても、確実に売り上げアップに貢献できた馬であることは間違い無い。
芝は1走のみだが、バクシンオーの産駒だけに芝適正の高さは疑いようも無く、もしスプリンターズS出走がかなえば、日本勢で最も魅力のある存在だったんではないだろうか。
なお、サンスポの情報によれば次走はエニフSらしい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、今週は土曜日にシリウスSがありますね。
エルムS→日本テレビ盃の後だけに、重賞にしてはちょっと寂しい顔ぶれになった感は否めない。メイショウバトラーにサンライズキングあたりが人気を集めそう。

サンライズキングは前走が異常な高速馬場だったにせよレコードで完勝。斤量も過去に57.5Kを背負って勝っている事から問題無し。ただ、休み明けから6走目でそろそろ疲れが心配になってきた。レコード駆けの反動もありそうで、取捨は慎重にしたい。なお、同厩のサカラートはここを回避して武蔵野Sに向かうらしい。

1400のダート重賞を連勝してきたメイショウバトラー。芝での意外?な好走によりダート挑戦の機会が遅れた感もあるが、ここにきて本格化。今回は距離延長で斤量も1Kアップと厳しくなった条件をどう克服するかが鍵。でも内心、この馬もいいけどメイショウトウコンに出て欲しかったと思うのは筆者だけだろうか (;´Д`)

まだ出否未定だが出てこれればおもしろいのがテイエムザエックス。小倉の2走が超スローだったため軽視していた前走の大須特別でもシルククルセイダーの追撃を振り切り3連勝。特筆すべきが、このコースで結構時計を要するラストの3F目で弾き出した12.1のラップで、自分のペースでさえ行ければオープンクラスでも通用することを証明。ハンデも軽いし出走さえかなえば最大の惑星。

あとは、阿蘇Sで良い伸び脚を見せたアンドゥオールの復調に注目。過去に東海S勝ちがあり中京コースは問題無い。
一方サイレントディールは小回りだと狙う気がしないので、今回は見送りたい。
[PR]

by potepote23 | 2006-09-28 02:21 | 展望  

<< シリウスSの予想 (かなり訂正あり) 戸塚記念の予想と晒し馬券 >>