JCダートの展望

浦和記念は惨敗ですた・・・O=(__;;; ドテ
ケイアイミリオンは休み明けでも妙に気になってましたが、それでも△評価まで。ペースメーカー役のキングスゾーンが2着に粘って、無視したユタカ馬が3着ではどうしようもありませんわ (´・ω・`)  今年の交流重賞はホンマあきませんわ。明日の兵庫JGなんて予想する気も起こりません・・・。ってことで、まだ枠順発表されてませんが、今日はJCダートの展望もどきをば。


競馬予想サイト人気ランキング


にほんブログ村 競馬ブログ 地方競馬・ばんえいへ

人気blogランキングへ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今年は外国馬の参戦が無く、例年に比べると馬券的に買い易くなった。
今年も主流は南部杯・JBCクラシック・武蔵野Sの上位馬で良いと思います。

まずは、ここ3年続けて2着に入っている南部杯→JBCを使って参戦してきた馬。

両レースを連勝したブルーコンコルド。格ではタイムパラドックスに匹敵する短~マイル路線の王者。でも2000以上の距離では不安一杯で、外捲りの脚質から東京コースの実績もイマイチ。目標レースが当分無いのでとりあえず使ってきた感は否めない。ここは見送りの方向で。

今期4戦目のシーキングザダイヤ。期待されたここ2戦が共にインに詰まって実力を出し切れなかった。できれば真ん中辺りの枠が欲しいところ。抜けた馬がいない今回はG1制覇の最後のチャンスかもしれないが、パンチ力に欠けるのは相変わらずで、ここも恐らく1番人気。連軸としては最適かもしれないが、また何かにやられるような気がして頭勝負は危険か。

前走で復活した古豪タイムパラドックス。ほぼ3年振りの休養で馬がボケてしまったのか復帰後は精彩を欠いてたが、岩田に乗り替わってから再び快進撃モード。このレースの2年前の勝馬でもあり格では他馬を圧倒する存在。しかし、前走は引っ掛かったことが幸いしてのタナボタ的な勝利って感じが無くも無い。舞台が府中に替わってアレ以上の走りを見せることはちょっと考え辛く、時計勝負になれば尚更不安。今回は3連馬券の押さえまでか。

南部杯から直行してきた唯一のNAR馬ジンクライシス。と云っても最近までJRAで走ってたので今でもNAR馬という印象は薄いw。2年前のこのレースで3着に入っておりコース適正は悪くない。前走馬体がガレ気味でしかも出負けしながら僅差の勝負をしたあたり衰えは無いといって良い。しかし、連戦続きのツケが前走の馬体にも現れていたいたように上がり目と云う点ではどうか。反動も心配で今回は3着押さえまでが妥当か。

JBCで期待されたハードクリスタルだが、マイナス体重も響いたのか直線失速。今回は人気落ちしそうで鞍上を考えると妙味タップリではあるが、どうもG1を勝つ底力というか凄味が無いのも事実。当コースのかつてのレコードホルダーであり時計勝負に不安は無いものの、前走の反動も気になりこれも連の押さえまでか。

ダートに戻って重賞3連勝と再点火したメイショウバトラー。JBCマイルではブルコンに完敗も屈腱炎を克服しての活躍には本当に頭の下がる思い。サンライズバッカスを降ろされた佐藤哲だがその鬱憤をこの馬で充分に晴らしてますな。今回初距離となるが、芝時代には中距離もこなしていることから問題無しと見ていいかも。あとは復活後マイル前後を中心に使っていることから中距離のペースにどう対応するかという点と、やはり消えない脚部不安。この馬の取捨には正直悩みます。

武蔵野組からは、休み明けながら早めの競馬で2着したサンライズバッカス。昨年のこのレースで僅差の競馬をしたことから今回も有力馬の1頭に数えられているが、その昨年のレースでは直線でフラついて距離への不安もちょっぴり覗かせていた。2走ボケの心配もありアンカツ騎乗は魅力も今回は軽視したい。

函館で強い競馬を見せたフィールドルージュが武蔵野Sでその非凡な瞬発力の一面を見せた。前半置かれ加減だった分届かなかったが、本来は中距離のペースが合うタイプであり距離延長は歓迎。重賞でまだ連対が無いのはデータ的に気掛かりだが、それでも出走できた運を味方に付けて大暴れしてほしい。直線でまとめて差し切ってくれればこれほど痛快な事は無いんだが・・・。

初ダートながら1.9倍と抜けた1番人気に支持されたフサイチリシャールだが、父ほどのスケール感を見せることなく直線失速。あの1戦だけでダート適正云々は判断しにくいが、そう速い流れの逃げでは無かっただけにあの内容には正直ガッカリ。今回距離伸びてペースが緩む点に活路を見出したいが、今回は逃げ馬潰しのメイショウバトラーやシーキングがいるだけに更に厳しい戦いになりそうで静観するのが無難か。

その他では4連勝のアロンダイト。だが一気の相手強化で今回はあくまで試金石。今後に繋がる経験を積んで来年に期待。順調ならば期待したいヴァーミリアンだが、大敗後の休み明けだけにちょっと買えない。でも鞍上が鞍上なだけにひょっとしての期待も無くは無いが・・・。

 ◎フィールドルージュ ○シーキングザダイヤ ▲メイショウバトラー
 △タイムパラドックス、ハードクリスタル、ヴァーミリアン


フィールドルージュの決め脚に期待。
[PR]

by potepote23 | 2006-11-22 18:27 | 展望  

<< たまにはのんびりと 浦和記念の最終予想と晒し馬券 >>