東京大賞典の予想

出走表を見渡してみて、本来ならここにいるはずの男の名前が無い。
そう、ナイキアディライトの主戦であるはずの石崎隆之の名が無いのだ。なるほど、トレード後の埼玉新聞杯の時から内田に乗替わっているので、平和賞でのフリオーソ敗戦から続いていると噂されている川島師との確執とは一見無関係に見える。最近、徐々に酒井シフトに傾いているのもポスト内田を睨んでの事。でも、やっぱりナイキの鞍上は石崎パパじゃないとヤダ!川島先生、そろそろパパを許してやってちょ (´・ω・`)

独り言はこのへんにしといて予想いきますか。

◎ブルーコンコルド ○シーキングザダイヤ ▲アジュディミツオー
△ボンネビルレコード、ハードクリスタル


無難な予想になってしもうた・・・。やはり3強の壁は厚いんじゃないか。

ブルーコンコルド
云わずと知れた1400~1600の王者。前走JCダートに挑戦も馬群に突っ込んでしまい距離適正の程は確かめられなかった。遡れば南部杯を勝つまではマイルでも1F長いのではないか?と思われていたが、マイルG1連勝で距離への不安を一蹴。今回はゴマカシの効かない大井外回り2000mをどう克服するのかが焦点になるが、個人的な感想として、この馬にとって心配なのは距離よりもペースではないだろうか。あまり中間ラップが緩むようだと折り合い面がどうしても心配になる。だが、今回は川島勢ナイキ-アジュディの2段ロケットが予想されることから、そう遅くなる事は無いだろう。例年より時計の掛かりそうな今の馬場も味方に付け、直線で粘る先行勢を一気に差しきるシーンが目に浮かぶ。あとは幸君、あんまり大外回さないでね・・・。

シーキングザダイヤ
この馬にはG1勝つまで◎を打ち続けようと思っていたがとうとう折れてしまった (;´Д`)
インで詰まった南部杯とJBCは仕方無いにせよ、前走は重賞未勝利馬にほぼ力負け。その前走時以上の状態はもう望めないだろうし、今の力の要る大井の馬場がこの馬に向くとも思えない。ただ、この馬の安定感はやはり捨て難い。アジュディが休み明けでいつものパフォーマンスを発揮することができず、後方馬の仕掛けが遅れるという二重の幸運が重なれば、この馬の勝つ場面も充分有りうるが、それはちょっと虫が良すぎる妄想か。三連複の軸馬としてはピッタンコなんだけどねぇ。

アジュディミツオー
地元での実績については今更云うまでも無いが、大井2000mで3度も2分2秒台を出してるってホント凄い。このトラックでこの馬に勝てる馬っているんでしょうか?だが、今回は脚部不安明けで、しかも絞りにくい冬場でいきなりのG1。良い時を100とすれば70あれば良いほうじゃないだろうか。僚馬ナイキが引っ張る展開というのもこの馬に合うのか疑問。これまでの実績に敬意は表しても今回ばかりは評価を割り引かざるを得ない。ごめんね、ミツオー・・・。

ボンネビルは状態面は良さそうだし今の馬場も向きそう。でも連絡みするまではどうだろう。G2止まりのハークリ共々3着までにマークしとけば良いんじゃないだろうか。

◎○の馬連本線。三連単◎○-◎○▲-◎○▲△の12点。

d0088177_1662516.jpg


クーちゃん、勘弁してよぉ・・・(;´Д`)

賭銭累計 807600円  払戻累計 549310円  回収率 68%
[PR]

by potepote23 | 2006-12-29 07:48 | 交流重賞  

<< 本年もよろしくお願いしまんにゃわ  兵庫GTの予想 >>