酒神光臨!

昨日のフェブラリーS。自信の◎シーキングザベストは直線に向かったところですでにお釣り無く沈没。展望で「G1で買える馬では無い」とコキおろしたサンライズバッカスが楽々と抜け出す、という一番見たくなかった結果に終わり意気消沈。もうこのまま三途の川に潜りたいくらいの情けない気持ちで一杯ですだ。

それまでのレースでは前残り模様のようでしたが、フェブラリーSの頃には天候がスッカリ回復し砂が内側に流れたんでしょうか、どうも内々を走る馬の行きっぷりが良くないように見えました。

それにしても勝ったサンライズバッカスは出遅れて外を回しながら余裕の勝利ですか。G1級の馬じゃ無いと思っていたし1年半も勝ってなかった馬で予想段階では速攻消しだったんですが、自分の馬を見る目の無さを改めて思い知らされました。この馬を本命にされた方お見事でした (*゚ー゚)  

2着の○ブルーコンコルドは、得意とは言えない高速馬場で道中モタモタしながら何とか地力で格好を付けてくれました。負けはしましたが、時計勝負になっても対応できることを改めて証明したわけで、老いてますます死角が無くなってきたんじゃないでしょうか。この後の交流G1もどうやらこの馬中心に回りそうな予感。

以下省略で6着に終わった◎シーキングザベストには残念な結果になりました。S後一旦下げたのは正解だったでしょうし、4角での仕掛けも早すぎず遅すぎずで、あれで負けたら実力差としか言えないのかもですね。この後は中央で目標となるレースがあまり無い事から、地方の深い砂での争いで結果を残していくしか無いわけで、前途に暗雲が立ち込めてきた感じがします。でも、かしわ記念に出てきたらまた◎打っちゃいそうだ (;´Д`)

今日の負けは、水曜の大井記念で取り戻すでー。
[PR]

by potepote23 | 2007-02-19 02:28 | 回顧  

<< お知らせ フェブラリーSの予想と馬券 >>