東京シティ盃の予想

今年のJBCがJBCというレース名で行われなくなるかもしれないこととか、ボンネビルレコードの中央移籍とか、今週はちょっと驚きのニュースがありました。

難しいことはわからないのですが、一般社会では外国資本がドンドン参入して、ある意味経済の活性化(雇用の創出とか)に一役かっているのですし、競馬界だけがそれを許さないというのも何だかなぁ。ゴドルフィンとかに良質な馬を入れてもらったほうが、よりレベルの高いレースを見られるのですし、無責任な一ファンの立場から云わして貰えば、今回の協会サイドの反対の理由に説得力を感じないように思います。

何はともあれ、円満決着を望みます。


大井11R 東京シティ盃

 ◎08.コアレスタイム
 ○11.フジノウェーブ
 ▲03.ベルモントソレイユ
 △02.グッドストーン、15.ブローザウインド


8連勝馬フジノウェーブがいよいよ重賞挑戦も前回より3k増で幾分メンバーレベルもアップした今回が試金石。

でも本命は前走展開向かなかったコアレスタイム。大井の戦績悪いのは、交流重賞や不得手な中距離戦のものであり度外視。今度は早い馬も多く本来の決め脚が見られそう。まだまだ若いもんには負けん!

三連単 ◎○-◎○▲-◎○▲△の12点。

d0088177_14135246.jpg

今日は出かけるので早目に投票。

賭銭累計 1026900円  払戻累計 766810円  回収率 75%
[PR]

by potepote23 | 2007-03-14 03:33 | 南関予想  

<< 土曜日の予想 反省 >>