浦和記念の予想

来年からJpnⅢに格下げしてハンデ戦にしてほしいような気がす・・・。

浦和10R 浦和記念
  
 ◎09.トップサバトン
 ○05.シーキングザダイヤ
 ▲02.クーリンガー
 ☆03.パーソナルラッシュ


このレースの鍵はルースリンドの取捨と判断。鞍上今野は確かに魅力も、この馬の脚質が浦和に向くとは考え辛く、しかも過剰人気とあっては手が出せない。気にはなるが今回はバッサリ切ることにする。

トップサバトンは強い3歳世代の一角。ここ2走の大敗が良くわからないが、春先の走りを見る限り能力の高さは疑いない。転厩緒戦にテン乗り、初コースの上に休み明けでいきなり交流重賞と超えるべきハードルはかなり高いものの、それらの不安要素をアッサリ克服できる力がこの馬にはあるはず。ここを抜いて年末の大一番を盛り上げて欲しい。

相手には甚だ不安ではあるが、これまでも良績多いJBCクラシック組のダイヤとクーちゃん。忘れた頃の狂馬パーソナルラッシュの突っ込みの目もあるかも。
[PR]

by potepote23 | 2007-11-21 07:20 | 交流重賞  

<< JCダートの予想 日曜日の予想 >>