2006年 10月 30日 ( 1 )

 

川崎9Rの予想と武蔵野Sの回顧もどき

いよいよJBCが近づいてきましたね。今年は2日に渡って行われるそうで、砂党には忙しい1週間になりそうです。

土曜日の武蔵野Sはフサイチリシャールに人気が集中しましたが直線でまさかの失速。まるで南部杯のシーキングザダイヤのりプレイを見ているようでした。あの1戦だけでダート適正が無いと決め付けるのは早計でしょうが、ダート替りで瞬発力不足を補えると思い込んでいた筆者の浅はかな期待は脆くも崩れました (;´Д`)

でも、あの負け方は瞬発力不足だけでは説明がつかないような気がします。勝ったシーキングザベストも瞬発力で勝負するタイプでは無いですしね。どちらかと云えばスピードの持続力で勝負するタイプ。それだけに、シーキングとほぼ同じ位置から伸び負けした内容には、唯唯ため息がでるばかり・・・。次走の予定はまだわかりませんが、2000前後の距離で離して逃げる展開でどうなるのか見てみたい。関口さん、次も砂に使ってください。

勝ったシーキングはやはり軽い砂がベスト。サンライズキングがミドルペースで先導してくれた展開も味方した。次は園田の交流戦らしいけど、砂の深いのは得意でも無さそうなので、案外ニホンピロサートあたりに差されるかもw。

サンライズバッカスは評価を落としてましたが、音無厩舎の休み明けを甘く見てはいけませんね・・・。仕掛けの早い後藤が騎乗というのも良かった。この馬に馬券崩されたの何回目だろ (´Д⊂

フィールドルージュはこれで馬場・展開いずれも不問ということが確認できた。ただ、距離はもうちょいあったほうがいいかな。追走も楽になるだろうし。
ヒカルウィッシュ共々、賞金をしっかり稼いで来年の2月に東京で見たいですな。

タイキエニグマは横山典騎乗時限定かな・・・。それと芝の無い1400での狙いが無難。

以上、管理人の妄想ですた。


競馬予想サイト人気ランキング


人気blogランキングへ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

川崎9R JBCウィークオープニング賞

 ◎マイネプレリュード ○バカウ ▲シロヤマハーツ


毎度、着狙いの競馬が続いているマイネプレリュードだが、文男さんを乗せてきたってことはソロソロ本気で勝ちを意識してきたかな?中団くらいの位置で前走の上がりが使えたらいつでも勝てるんだけど、そもそもそんな馬だったらこのクラスにいないよね (;´Д`) 揉まれない外枠もささやかな強調材料で今回は単狙いに妙味。

このバカウって云う妙ちくりんな馬名の由来は何なんでしょ?まさか馬鹿鵜じゃないよねw。まぁそんな馬鹿話はさておき、前走は強烈に捲りが嵌った。ただ、勝ちタイムはそれほどのことは無く、ただ単にメンバーに恵まれたって面も。だからと言って他にこの馬より好調な馬がいるかと云えば、どれもこれも微妙なメンツ。やっぱり連にははずせない。

3番手はラックランを入れようかと迷ったんだけど、一息入れたのがいいほうに出そうなシロヤマハーツを。

馬連◎-○▲に縦目も少々。

d0088177_15563613.jpg

今日の予算は3000円♪ なので縦目はやめた。

明日は南関予想はお休みにして、JBCの展望なんか書いてみたいと思います。

賭銭累計 479600円  払戻累計 346220円  回収率 72%

[PR]

by potepote23 | 2006-10-30 08:39 | 南関予想