2006年 11月 01日 ( 1 )

 

JBCクラシックの前予想

川崎の今開催は後半に重賞が集中してるため、月~水曜日の番組が惨いですね・・・。月・火曜日のレースを見た印象では、やはり前に行く馬が強いです。まぁレースレベルが低い為例外なくスローで流れるからかもしれませんが (;´Д`)

今日は昨日のマイルに続いてクラシックの前予想です。

今年のクラシックは色んな意味で見所が多いですね。

まず、シーキングザダイヤがG1シルバーコレクターの呪縛から逃れられるか?
ハードクリスタルの鞍上ヨコテン自身も同じ意味で銀メダル地獄から開放されるか?
ビービートルネードとマンオブパーサーの3歳ツヨシ産駒同士の対決の行方は?
南関3歳最強はビービーかアスターバジルか?

どのような結末を迎えるのか、興味が尽きない1戦ですね。



競馬予想サイト人気ランキング


人気blogランキングへ

ワンクリックお頼みしますのねん。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

金曜 川崎10R JBCクラシック

 ◎シーキングザダイヤ ○ハードクリスタル ▲タイムパラドックス
 △レマーズガール、ビービートルネード、マズルブラスト


まず出馬表を見てこれといった逃げ馬が見当たらない。が、このメンツなのでスローに流れるとも思えない。展開面が鍵を握るレースになるかも。しかし、JRA勢の騎手陣の顔ぶれが凄いことになってますね(汗。

中心は前走南部杯がまさかの失速だったシーキングザダイヤ。窮屈なインに押し込められ馬が走る気をなくしたのだろうか?単なる2走ボケで片付けられない敗戦をどう評価したものか。今回も最内を引いたことにより、また前走の悪夢再現の不安もあるが、そこは鞍上の手綱捌きで同じ過ちを繰り返すことは無いと見ました。何より、コレまで戦ってきた相手のレベルを考えれば、格でこの馬に匹敵するのは8歳になったタイムパラドックスくらいなもの。カネヒキリやアジュディ不在のここは絶好のチャンス。ここで勝てないとこの先いよいよヤバいっすよ。

2番手は、格と云う点で見劣りするものの長丁場得意のハードクリスタル。力の要るダートと左回りは問題なく、好位で折り合って競馬ができる点は心強い。前走から一息入ったものの、ここに向けてジックリ調整し状態面は問題無し。ただ、どうもG1で勝ち切るまでのイメージが湧かない・・・。早め先頭でどこまで踏ん張れるか。

有力馬がそれぞれに不安を抱える中、着実に調子を上げてきた古豪タイムパラドックスの復活はないか?もう時計勝負では歯が立たない現状だが、時計掛かる川崎で得意の中距離戦となれば話は別。差しが決まりにくいコースだが、前走の南部杯での早めの競馬が程良い予行演習になったはずで、混戦になれば必ずやこの馬の出番は来るはず。

地元の期待を担って3歳のビービートルネードが参戦。東京ダービーを人気薄で勝ったもののまだフロック視されていたもの事実。その低評価をあざ笑うかのような前走の圧勝劇は圧巻だった。ただ、その前走で負かしたメンバーはJRA1000万レベルと云っても過言では無いレベルの低さ。今回いきなりの交流G1でしかも歴戦の古馬が相手だけに、さすがに地元の3歳馬相手のようにはいかないだろう。今回のレースで人馬共に貴重な経験を積んでほしいところ。

南関古馬陣からは連勝中のマズルブラストがちょこっとだけ気になる存在。前走は展開に恵まれただけって感じもありますすが、前で競馬が出来る有利さを生かせれば入着くらいはあるかも。でも内田にも今野にも捨てられたのね・・・。

川崎得意なレマーズガールが思い切った逃げに出た場合の前残りには少しだけ警戒したいところ。ただ、平均より早い流れなら全く出番は無いでしょうw。

ダービーGPを制したマンオブパーサー。上り調子なうえに内田鞍上ということでソコソコ人気を集めそうな存在。ただ、前走で接線を演じたバンブーエールはフレンドシップにあっさり負けており、そのフレンドシップは園田で牝馬のグレイスティアラに負けた。今年のJRA3歳馬勢は離脱したフラムドパシオン以外は例年と比べて低レベルの印象。この馬では古馬陣の牙城は崩せない。と現時点での独断と偏見が混じった妄想・・・。

今年のクラシックは傑出した馬が不在で展開面も流動的。まぁそれでも見送りなんて出来ない性分なので、とりあえず馬券はシーキング軸。ヒモ馬選択はギリギリまで迷いそうで、マギレ期待の三連単小額投資が正解でしょうか。結論は当日夕方頃に・・・。
[PR]

by potepote23 | 2006-11-01 04:48 | 交流重賞