2007年 02月 07日 ( 1 )

 

報知グランプリカップ

月曜日のブルーバードカップを勝ったアートルマンの上がりタイムが37.9という古馬並の優秀なもの。追えばまだ伸びたはずであり、また楽しみな優駿が1頭出てきましたね。フリオーソもうかうかしておれんかも。

さて、今日の報知グランプリカップですが、格で云えばプライドキムシーチャリオットの2頭ですね。そのプライドキムは休み明けで転厩緒戦の前走がレコードの圧勝とモノの違いを見せ付けました。やはり中央オープンで勝ち負けできるような馬だと地元馬では太刀打ちできないんでしょうか・・・。チャーリーが未だ本調子を欠いているだけに、ここも回ってくるだけで結果が付いてきそうな感じですね。前々で競馬できるのも船橋では有利ですし。ここはプライドキムの相手探しになりそうなんですが、前述のチャーリーがまだ絞りきれて無い現状では怖くて買えません。他の馬からは、近走安定しているメジャーワールドを抜擢したいところですが、この馬もどちらかといえば湿った軽いダートのほうが向く馬であり、今のパンパン馬場では全幅の信頼とまではいきません。伸び悩んでいるグッドストーンや脚質的に狙い辛いキャプテンシーオーに短距離のほうが良いベルモントソレイユと、どうにも手を出しづらい馬ばかりで、しかもオッズもついてこないとあっては買う気がイマイチ起きません。と云うことでここは見るレースになりそうです。

でも買わない一番の理由はプライドキムを元々信用してないだけだったりする・・・(;´Д`)
[PR]

by potepote23 | 2007-02-07 03:29 | 南関予想