2007年 02月 13日 ( 1 )

 

フェブラリーSの前予想

今週はいよいよ砂のマイル王決定戦。今年はそう抜けた馬がいないことから混戦模様になっており予想にも力が入ります!


シーキングザベスト ◎
府中や京都のような軽目のダートで力を発揮するタイプで展開面は不問だが、どちらかと言えば緩めに流れるマイルが本領発揮の場ではないか。前走はキツイ流れの消耗戦を早目に仕掛けた分の負けであり悲観しなくて良いと思う。ただ、重賞実績では武蔵野S勝ちがあるだけであり、実績面で不安はあるが、その分未知の魅力があるとも云える(もう6歳だけどw。一気にG1馬に上り詰めてもおかしくない存在。

メイショウトウコン ◎
何かとんでもない力を持った馬なのかもしれない。450k弱というおよそダート向きとは思えないような馬体から繰り出される末脚は空恐ろしささえ覚える。馬場・ペース共に不問であるが、今回は坂のあるコースと長距離輸送をどうこなすか。能力は足りると信じるが、前2走でも本命に推すのをためらったように、一抹の不安はある。

ブルーコンコルド ○
昨年秋を迎えるまでは1400ベストと思われていた馬だが、1600~2000mの交流G1を3勝して、折り合いさえつけば距離は持つことを証明した。今回のメンバーでは頭一つ抜けた実績を持っているが、心配なのは府中の適正。中団に付けて外目を捲るスタイルが府中に合わないのか?道中の不利や体調下降気味という理由だけでは説明できない凡走が多い気がしてならない。もうひとつ不安要素な鞍上ですが、この馬の成績が安定してきたのは幸に乗り替わってから。幸はこの馬の能力をよく引き出せていると言えるわけで、鞍上不安の理由で消すのは危険じゃないでしょうか。という良いのか悪いのかわからない結論になってしまいましたが、現時点では人気ほど信用できる馬では無いという判断。

タガノサイクロン ▲
まだG1でどうのこうのいう馬では無い、という叱責の声が聞こえてきます。ええ、わかってます。ここはあくまで経験を踏む場だということは。でも、フジキセキらしさを感じさせない走りが魅力的。ここで好走するには相当展開面の助けが必要でしょうが、もし、メイショウトウコンが頭に来れる展開ならば、この馬の食い込みがあっても驚けない。それだけの力は持っているという妄想を若干抱いてたりして。

アジュディミツオー ▲
この馬に関しては体調がどれだけ戻っているかに尽きるんじゃないか。コース不安が囁かれているが、過去の府中での凡走は、落鉄や出遅れや59kを背負ってのものであり、南関では比較的軽い砂質の船橋で行われたかしわ記念ではブルーコンコルドを寄せ付けなかった。レース当日馬体が絞れ、最初の芝部分を巧くやりすごせば、アッサリ勝つだけの力を持っている馬。地方代表として是非とも頑張って欲しいです。

シーキングザダイヤ △
なかなかG1を勝ち切れないでいる間にとうとう次世代の波に飲み込まれそうなムード。かなりメンバーレベルが下がっていた昨秋~年末が最後のG1制覇のチャンスだったんではないだろうか。確かにここでも大崩れはしないと思う。でも勝つまでのイメージは沸きづらい。と言い出した途端に勝たないでね (;´Д`)

サンライズバッカス △
過去に同じ舞台でカネヒキリを破った実績もあるが、個人的にはG1では買いにく馬だという印象が消えない。今期は好調モードなのでバッサリ切り捨てるのは危険かもしれないが、おのれの直感を信じることにする

フィールドルージュ △
あの不器用な脚質は何とかならないものか・・・。ずっと期待して買い続けたんですが、いつも自分の予想を下回る着順に終わり、このまま付き合い続けるとドツボに嵌るのは明白なので今回は軽視したい存在。

ビッググラス △
前走の根岸Sで馬券的に大きく貢献してくれた馬なんでとりあえず名前だけでも挙げときましたが、さすがにここは厳しいかと。

リミットレスビッド △
ちょっとレースを使いすぎであり、マイルも長いんじゃないか。ここは無視。 


結局、◎を付けた2頭が逃げ・追込みという過去のこのレースであまり好走歴の無い脚質同士になってしまい不安一杯。最終的には3~5頭に絞りたいと思います。
[PR]

by potepote23 | 2007-02-13 09:01 | 展望