2007年 12月 19日 ( 1 )

 

全日本2歳優駿の予想

川崎10R 全日本2歳優駿

 ◎08.ディアヤマト
 ○05.タカラストーン
 ▲12.レインボーペガサス
 △01.イイデケンシン


兵庫ジュニアGP勝ちのディアヤマトを◎に抜擢。巧く中団で脚を溜める事が出来れば終い必ず切れる馬で、内枠に速い馬が揃った今回はお誂え向けの条件になるはず。2走前はスローの内枠で押し出されてしまっての敗戦で度外視できるし、一本被りの人気になりそうもないのも良い。敢えて頭勝負でいきたい。

そのディアヤマトに二回負けているタカラストーンはこれまでのレースを見る限りでは1400mがギリギリの印象。ただ小回り川崎マイルなら何とか持たすことができるのではないか。この馬も先行するより中団で脚を溜めたほうが良さげなタイプで、ジリジリと伸びる差足はむしろ力の要る当コース向きではないだろうか。ただ、◎を逆転とまではどうかとみて対抗に。

今回いやでも人気を集めそうなレインボーペガサス。前走のレースぶりと勝ちタイムを見る限りではそれも当然ですが、あんな競馬を小回りの川崎でやれば外に振られる不安があるのも事実。まぁ未知の適正論なんてボクがやっても無駄でしょうし、結局強い馬はどこで走っても強い。かのカールルイスは舞台が草原のサバンナでも小学校の校庭でもチャンピオンだっただろうし(おい。冗談は置いておいて、この馬はここで負けて年明けのシンザン記念あたりで快走しそうな予感がする。よって、三連単のフォメで押さえる程度に止めたい。

あとはドラクエ、じゃなくてディラクエ。少なくとも陣営の本気度ではこの馬がナンバーワンじゃないだろうか。北海道の交流重賞を快勝したあと、ここ一本に狙いを絞ったローテも良いし、鞍上が期間限定で南関に乗りに来ている山竜というのが心強い。しかし気になるのは、仮にテンが35秒台あたりになったときに前走で見せたような捲り脚が出せるかどうか。8月の地元戦で大敗した時もやや速い流れでのものというのがどうしても引っ掛かる。今回はあえてこの馬を消す方向で考えてみる。

内田に乗替ったハイセイコー記念勝馬はおそらく藤田の馬に潰されるんじゃないかとみて今回は無視。その藤田の馬は最高に頑張って3着はあるかもといったところじゃないだろうか。


三連単◎-○▲-○▲△が大本線。▲-◎○-◎○△を小額押さえで。

今日は久々に園田参戦予定。有馬の資金を何とか捻出したひ・・・。

資金捻出どころか、大幅に資金を減らすハメになりまひた・・・。藤田あっぱれ。
[PR]

by potepote23 | 2007-12-19 08:35 | 交流重賞