東京大賞典の予想と馬券

大井10R 東京大賞典

 ◎13.ヴァーミリアン
 ○02.ブルーコンコルド
 △03.メイショウトウコン
 △12.ルースリンド
 △11.フリオーソ


ヴァーミリアンがここも圧倒しそう。今年に入ってからの国内での活躍は全盛期のカネヒキリでさえ凌ぐ内容で、特に地方ダートでの強さは歴代ナンバー1といっていいほど。レコード駆けの反動や極悪馬場への不安もこの馬には関係無い。焦点は2着争いでしょう。

格が物言う交流G1、ブルーコンコルドは実績ではメンバー中で最右翼の存在。今秋はやや不安定な内容だが、これは南部杯をこれまでにない先行で楽に勝ってしまった反動とも言えそう。舞台が大井に戻ればまだまだ巻き返す余地は充分にあるが、この枠だと包まれる可能性もあるのは確か。やや不安を抱えながらもヒモ筆頭の評価をさげるわけにはいかない。

メイショウトウコンは嵌まればとんでもない脚を使う馬ではあるが、OPに上がってからの勝ち鞍は平坦コースでやや緩い流れに限定されているのが気掛かりなところ。長距離輸送への不安が消えない上に人馬共に初めての大井、外を回される距離損を考えれば不発の可能性が極めて大きいと見て、今回は良くて3着までとみたい。

ルースリンドがここにきて急浮上の予感。前走ダイヤを交わせなかったのは不満も浦和コースが合わなかったとも取れる。この馬の戦績見るとどう見たってマイルがベストなんですが、大井記念で出遅れながら2着したように距離への融通もあると見たい。鞍上がシバきまくってギリギリ3着の期待。

JCDで本命にしたフリオーソの評価をここまで下げるのは個人的にはこの馬に対する裏切りですが、今回は人気面を考えるとどうにも買いづらくなったというのが本音です。JDDの勝ちっぷりは他の有力馬に乗るジョッキーも当然知っている以上、今回は格好の標的になりそうな気配。ここはこの馬にとって前走に続く試練になりそう。

馬単◎-○1点。  三連単◎-○-△3点。

地方競馬HPも南関HPもアクセス集中してるのかオッズ確認すら出来ない状況ですだ。馬場はきっと差馬場になっていると信じて。

d0088177_15441619.jpg

三連単は一番妙味ありそうな1点に絞りますた。それではお勤めに行ってきます(シクシク。

ブルコンは向こう正面でもう圏外かいな・・・。しかし、バーミヤンの上がりタイムが凄まじいなぁ。ドバイでサソリに噛まれないことを祈りますだ。

賭銭累計 1384000円  払戻累計 1038190円  回収率 75%
[PR]

# by potepote23 | 2007-12-29 07:40 | 交流重賞  

兵庫GTの予想

月曜からやけに訪問者数伸びてるんですが、怪しげなコメント(削除済み)がチラホラ書き込まれてるのを見ると、どうも闇サイトあたりに登録されてるんでしょうか (;´Д`)


園田10R 兵庫GT

 ◎06.リミットレスビット 
 ○10.プリサイスマシーン
 ▲09.ベストタイザン


短期放牧でリフレッシュしたリミットレスビットを軸に。JBCスプリントでは馬券圏内に来れなかったが、これは単にG1の壁ということでいいかと。今回これまで3勝している岩田に戻って得意の小回り1400mということで斤量さえ克服すれば巻き返し必至。

プリサイスマシーンはこれまでの戦歴を見ると、大きい着順の後に巻き返す傾向が強く、芝→ダートで連をハズしたのがG1の南部杯だけ。となれば今回はまた好走する可能性が高いと見たいし、外枠を引けたのも他のJRA勢に対する大きなアドバンテージだと思う。

3番手の印になったがそれ以上の期待をかけてみたいのが連勝中の地元馬ベストタイザン。昨年のこのレースで勝ったリミットレスビッドとは2Kの斤量差で0.5秒差だったが、それが今年は5.5Kのハンデ差をもらい充分逆転も可能なんじゃないかと思う。4走前の走破時計は良馬場でのものだけに価値は高く、成長期に入った今なら更に時計を詰めるはず。この馬に初の地元馬優勝の期待を賭けてもいいんじゃないかと思う。ってほとんど◎評価の表現になってしまいますた。

馬券は馬単◎▲-◎○▲の4点と三連単◎▲-◎○▲-◎○▲の4点。

ユタカ邪魔すんなや~~ ヽ(`Д´)ノ
諭吉18名返してくれたら許すが・・・・。
[PR]

# by potepote23 | 2007-12-26 06:05 | 交流重賞  

名古屋GPの予想

名古屋10R 名古屋GP

 ◎10.フィールドルージュ
 ○01.ムーンバレイ
 ▲02.ボンネビルレコード
 △04.ロングプライド


JCD2着のフィールドルージュは川崎記念出走権を確保するためにもここは負けられない1戦。鞍上さえヤル気になれば前走のような立ち回りも出来るわけだし、このコースは直線かなり短いが捲り気味の差しなら充分に届く。前走の反動は多少心配もここは軸不動ということで。

典型的な内弁慶といえるムーンバレイの粘りにささやかな期待をかけてみたい。とは言っても絶好調で挑んだ昨年同レースの結果を見れば確かに距離への不安は残るものの、ムラッ気が良い方に出れば名古屋大賞典2着が示すように地元戦ならば侮れない存在。

南関時代から長距離適正高いボンネビルレコードは斤量とローテに不安があり少し評価を下げた。鞍上が思い切った逃げにでも出ればそのまま押し切る可能性もありそうだが、いつもの中団待機ではこの相手ではちょっと厳しい気もするので今回はヒモまでか。

ロングプライドは斤量考えればここでも主役。しかし、その走りからは小回りが向いているとは思えず、ヤネも個人的にはダートの差しでは信用が置けない騎手の筆頭で良くてヒモまでの評価に。

三連単◎-○▲△-○▲△の6点本線で○頭もワンコイン。
[PR]

# by potepote23 | 2007-12-24 07:31 | 交流重賞